お墓

ネット情報検索がお勧め

多摩近郊の霊園はとても人気があるので、早めに申し込みましょう。ただし、できれば見学会に参加してから決断することをお勧めします。実際に見てみることで想像との違いが分かるからです。また、申し込みはキャンセル待ちになることもあります。

詳しく見る

コンテンツ一覧

手を合わせる人

管理方法に注目

自分の最期の場所を考えたとき、家族が定期的に墓参りに来てくれる場所が良いと通いやすい多摩地区の霊園を選ぶ人が多くいます。景観も素晴らしく、親族が集まるスペースも用意してあります。管理が行き届いているので、いつも気持ちの良い空間を提供してくれます。

詳しく見る

男の人

共同墓地を選ぶポイント

都内から近い場所で霊園を購入したい方には、多摩がお薦めです。都内よりも割安で購入することができ、広い土地を確保できます。多摩霊園では、事前に連絡すれば敷地内を見学することができます。実際に現地を訪れることで、アクセス方法や管理体制などを確認することができます。

詳しく見る

墓地

バリアフリーの設備が完備

多摩の霊園は、都心から自動車や鉄道で利便性の高い立地にあります。バリアフリーが完備されているので、高齢者や身体に障害のある人もお参りがしやすいです。車椅子やカートなども貸してもらえます。料金もわかりやすく、明瞭になっています。

詳しく見る

手を合わせる人

墓地の種類

墓地には様々な種類があります。民営霊園、公営霊園の他、寺院墓地があります。近年は東京近郊の多摩地区では民営霊園が増加しています。民営・公営・寺院それぞれのメリット等を考え、永代供養料や管理料、さらには交通の便なども考えて選ぶ事が大切です。

詳しく見る

通いやすい場所を探そう

手を合わせる人

便利な施設がある

故人の葬儀が終わると、次に行う儀式が納骨です。埋火葬許可書と共に骨壺を受け取り、後日霊園に納めなければなりません。霊園に納める際には、事前に故人の宗派を確認しておきましょう。生前に親戚に確認したり、菩提寺がある場合には僧侶に相談するとすぐにわかります。霊園によっては宗派ごとに納骨方法が異なるため、納骨場所があらかじめ決まっていることもあります。しかし、多摩地区霊園ではどの宗派でも同じように対応してくれる場所がたくさんあります。風光明媚で故人が気持ち良く眠ることのできる場所を探すのならば多摩地区は最適といえます。霊園は立地も大切な要素になります。定期的にお墓詣りに行きたくても、自宅から距離があるとなかなか足を運びにくくなります。多摩地区ならば都心からもそう離れておらず、通いやすい環境といえます。霊園には久しぶりに親戚が一堂に集まる機会もあり、駐車場や集会場があると役に立ちます。多摩地区の霊園は管理が行き届いているのでトイレがきれいだったり、緑に囲まれていていつも庭園にいるような清潔感を感じます。また、便利に活用できる施設がたくさんあります。人数に合わせて事前に集会場を予約すると大人数の時でも慌てなくて済みます。霊園に相談すると、法要の後に食事会を開くことも可能な場所もあり、あちこちに移動しなくて済む便利さもあります。これから自分の子どもや親戚が末長く通う霊園なので、生前に自分の眠る場所を探してみるのもよいでしょう。