コンテンツ一覧

墓地の種類

手を合わせる人

経営者の違い

墓地には多くの種類がありますが、寺院墓地の他には霊園があります。多摩には複数の霊園がありますが、霊園も民営と公営の2つに分かれます。この墓地の違いや特徴をとらえておくと墓地探しがしやすくなります。まず霊園を作る上で一定の土地が必要な為、都心には少なく多摩のような東京近郊に霊園が多くなる傾向にあります。また墓地探しをする上では多摩のような自然豊かで都心から近い場所が環境も良いとの理由から人気となっています。公営霊園は地方自治体、県や市等が運営しています。永代供養料や管理料は比較的安めに設定されていますが、募集の数が少ない事もあり募集が殺到する傾向にあります。よって抽選制度を取るケースが大半です。逆に民営の場合は、運営が民間企業や宗教法人、公益法人等が運営しています。特徴としては公営よりも永代供養料や管理料が高めに設定されています。しかしその分駐車場や送迎バス、その他の施設が充実している他、墓地の形などに制限を設けていないケースもあり、デザインが自由に設定できます。基本は購入したい人が購入できる形になっています。近年は特に多摩地区を中心にこの民営霊園が増加をしています。また寺院墓地は寺院に併設された寺院内墓地の事を指しますが、購入にあたっては同じ宗派である必要がある上に、その寺院の檀家になる必要があります。檀家になる事で手厚い法要が可能となりますが、その分檀家としてのお努めが必要となります。このように同じ墓地でもそれぞれ特徴があるので様々比較して選ぶ事が大切です。